ホーム > 使用機材の紹介 > シースルー型ヘッドマウントディスプレイ(3台)

Machine 使用機材の紹介

シースルー型ヘッドマウントディスプレイ(3台)

メーカー・製品名
eMagin社
Z800 3Dvisor ST
登録日
2010-03-31
設置場所
リビングルーム

comment

  • コメントお待ちしてます。コメントはコメント一覧ページからどうぞ!  
コメントを読む

利用目的

シースルー型ヘッドマウントディスプレイ(

"Z800 3DVisorは有機ELマイクロディスプレイを採用しおり、低電力で高輝度を得ることが可能で、応答速度、解像度、発色においても優れています。フレームシークェンシャル方式による3D立体視は、左右眼にそれぞれ各眼用の映像を順次表示することで立体視を可能にしています。コンパクトなシャーシながらモーションセンサーを内臓しています。

HMD(eMagin z800)の使い方

※HMDのデモプログラムは、ピクトラボリビングルーム窓際のパソコンiCT-PC-6に入っています.
①左右のモニタ動作確認プログラム:デスクトップ上の「HMDデモ」フォルダ内
②立体視の動作確認プログラム:「PictHMDdemoVolume」フォルダ内

※HMDが使えるパソコンは、iCT-PC-6とiCT-PC-7です.
対応するグラフィックボードが挿してあるので使用できます.


パソコンからUSBによって電源供給を受けるため、外部の別電源は必要ありません。